HOME  > コンテンツ  > 行政書士開業ツール  > 行政書士の事務所案内(会社案内)

行政書士の事務所案内(会社案内)


行政書士事務所開業時に事務所案内ツールをどうする


開業される皆様は事務所案内まで頭が回らない方がほとんどかもしれません。しかし、最近では士業事務所が事務所案内を作成するケースは非常に増えています。この事実が示すように、このツールを使いこなせば逆に結果を得ることも可能と言えます。

行政書士事務所開業当初には以下のような目的で事務所案内を活用いたします。

  • 開業の案内として手紙と一緒に郵送する
  • 小さいサイズ(A4三つ折りサイズ)のものはダイレクトメールの送付時に同封する
  • 大きめの企業の場合、企業担当者が稟議書を提出する時などに依頼されることがある
  • 税理士事務所など士業の事務所に挨拶に行く時に渡す
  • などです。

事務所案内の具体的な作り方


  • パワーポイント
  • 印刷会社に依頼
  • グラフィックデザイナーに依頼
  • ホームページを作る時にホームページ制作会社に依頼(事務所案内作成用のデータとホームページ作成用のデータはダブリますので、ホームページデザインとグラフィックデザインの作業をしているところであれば並行で作成することも可能です)

印刷業の会社に頼んだ場合にそこの社内の作業チームで処理する場合はデザイン性やプランニング技術がグラフィックデザイナーと比べて劣る場合もございます。デザインオフィスに頼んだ場合、外注で印刷会社に依頼するのでマージンが乗って高く付く場合もございます。グラフィックデザイナーが所属する企業の中には多くの案件の受注しているため、印刷会社を外注先として多く抱えている場合がありますので、そのケースでは発注者と下請けの力関係で逆に値段が安くなるケースもございます。

ホームページと合わせて事務所案内を作るメリット


  • 費用の総額を抑制できる
  • ミーティングの時間を抑えられる
  • 全体のコンセプトのブレを防げる

事務所案内(会社案内)作成の段取り

ヒアリング
企画書の作成
掲載原稿の作成
デザインワーク・コピーワーク
確認と修正
デザインワーク終了
印刷

事務所案内(会社案内)制作で留意する点


ホームページは基本的には相手を限定できないが、事務所案内(会社案内)は事前に推定することが可能。


上記を考慮して事務所案内の制作を進めてください。

事務所案内(会社案内)を渡すときには相手の企業情報がある程度とらえられている場合が多いので、資料は相手に合わせてセットするほうが相手にとって都合がよく、皆さんの事務所の説明から大きく外れた内容でない限り、それがよい対応と言えます。
品のよいデザインの総体的な内容の事務所案内(会社案内)と相手用にセットした資料を合わせてお渡しする。これがスマート使用方法です。

事務所案内の制作事例 

事務所案内(会社案内)に触れたコラム

 

  • 行政書士事務所の開業で重要なことは何か?(10つのポイント)
  • キャンペーン情報
  • 士業HPプラン品質向上
  • 驚きのコストパフォーマンス

行政書士 独立・開業相談室 無料相談

当社に依頼いただくメリット

  • 士業専門の強み
  • 実績多数
  • 自分で更新
  • 格安維持費
  • 初期SEO対策費込
  • マーケティング関連は広く対応

全国対応フリーダイヤル:0120-0955-156(平日・土日・祝日 9:00〜21:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。

面接時間:月曜〜日曜10:30〜21:00(事前に要予約)

予約フォーム

前
行政書士のホームページ(HP Web)
カテゴリートップ
行政書士開業ツール
次
行政書士の名刺