HOME  > コンテンツ  > 行政書士開業ツール  > 行政書士のホームページ(HP Web)

行政書士のホームページ(HP)


行政書士開業時にホームページをどうする


メディアとしてのホームページを持つ


ホームページの利点は何かというと誰でも平等にメディアを持てるというところです。所員100人の事務所のホームページでも開業したての事務所でも制限なく同じようにメディアが持てます。この利点を理解しうまくネットからのニーズを拾うことにより開業したての方でも、ネットに限れば100人以上の事務所以上の効果を出す事ができます。

ホームページの基本的な役割


・現状顧客向けのメディア(住所・マップ、連絡先、業務案内などのインフォメーション、情報提供)
・見込み客向けのメディア(SEO、SEM、広告などによる集客、情報提供)
その他に事務所案内の簡易デジタルデータ(PDFの印刷など)や電話でのやり取りに使用するための公開資料として使用。


ホームページの制作方法


A ブログサービスサイト(ブログサービスサイトのドメインとテンプレート)
B ブログサービスサイト(ブログサービスサイトのドメインとテンプレートを使用、ヘッダのデザインはオリジナルデザイン)
C ブログサービスサイト(ブログサービスサイトのドメインとテンプレートを使用、ヘッダのデザインとCSSはオリジナルデザイン)
D ブログサービスサイト(オリジナルドメインでブログサービスサイトが提供するテンプレートを使用)
E ブログサービスサイト(オリジナルドメインでブログサービスサイトが提供するテンプレートを使用、ヘッダデザインはオリジナルデザイン)
F ブログサービスサイト(オリジナルドメインでブログサービスサイトが提供するテンプレートを使用、ヘッダデザインとCSSはオリジナルデザイン)
G htmlでのホームページ制作(オリジナルドメインで、自身によるホームページビルダー他ホームページ作成ソフトによるサイト制作)
H htmlでのホームページ制作(オリジナルドメイン、ホームページ会社に依頼)
I Movable Type(ムーバブルタイプ、MT)やWordPress(ワードプレス)でブログ形式に近いCMSサイト制作(オリジナルドメイン、設定とデザイン・制作をホームページ会社に依頼)


広告を自身でデザインしようとする方は少ないかと思いますが、ホームページのデザインの質にもビジネス用と して最低限のレベルがあります。またドメインとはネット用語以外にはご存じの通り企業などが事業活動を行う範囲という意味ですので、お客さんに与える印象としてはオリジナルドメインのほうがよろしいでしょう。
A?Iでコーポレートメディアの水準と言えるのはE,F ,H,Iになります。その他のものは個人の日記にフォーカスしてうまくいけば業務につなげられるようなパーソナルメディアと考えてお使い下さい。

ホームページ(HP )制作の段取り


ホスティングサーバ(レンタルサーバ)、もしくはプロバイダの無料のスペースとオリジナルドメインを取得
ヒアリング
ユーザの検索ワードとライバルとなるサイトのリサーチ
ホームページ(HP )企画書の作成
デザイン・ホームページ原稿の作成
設定・プログラミング・コーディング
テストラン・確認
ホームページの公開

ホームページ(HP )制作で留意する点


  • ホームページの公開後、ホームページ制作会社に頼まなくても事務所側でページの更新・追加が出来るかどうか熟考し、更新・追加の体制が取れればCMSによるホームページとする。
  • 行政書士のホームページは毎日のように立ち上がっています、検索すると非常に多くの行政書士事務所を探すことができます。現代のようにネット慣れしているユーザは1事務所を検索することは少なく、通常の場合は比較検討する目的で検索しています。このような観点からホームページには他事務所との差別化が必要であり、メインエリアに掲載する項目は出来るだけテーマを絞り込む(検索エンジンにも、見込み客にもテーマを絞り込んだほうがよりよい結果を出せます)、入れたいテーマは事務所案内のページにまとめて入れます。また、絞り込んでメインエリアに表示した項目には理念や経歴などの裏付けを見せるようにする(どんな理由でそのテーマに力を入れているのかなどの説明)。
  • ユーザからの問い合わせは全部のページから2か所以上のリンクを付ける。
  • ユーザからの問い合わせ受付時間は明確にする。明確することによりその時間帯はどうぞ気軽に連絡して下さいというはからいの表示になります。
  • パソコンの環境は様々です。フォームが動作しないこともまれにありますのでメールアドレスは表記するようにします。通常のテキストだとスパムメールの対象になってしまうので、JavaScriptでoutlookなどを立ち上げるようにするか、メールアドレスを画像で表示します。
  • 営業エリア(地域を含むワード)を明確に表示します。



■下記も参照ください




ドメインの管理は慎重にしましょう。ドメインはレンタルサーバ会社で申し込むこともできますが、移転など管理のことを考えますと下記のような専用レジストリで管理するのがよろしいでしょう。

おすすめのレンタルサーバ

●エックスサーバー マルチドメイン、サブドメイン
メールアドレス、FTPアカウント、全て無制限!


●シックスコア 文句なし大容量30GB、月額1890円?
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


ドメイン管理は安価なところで問題ありません。

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン



制作実績
ホームページ
弁護士、税理士、会計士、特許事務所、社会保険労務士、司法書士、行政書士、不動産鑑定士、FP、行政書士学校、社会保険労務士学校
他370サイト程度(2010年7月現在)

その他ツール
弁護士、税理士、会計士、特許事務所、社会保険労務士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士、FP
他175事例程度(2010年7月現在)
  • 行政書士事務所の開業で重要なことは何か?(10つのポイント)
  • キャンペーン情報
  • 士業HPプラン品質向上
  • 驚きのコストパフォーマンス

行政書士 独立・開業相談室 無料相談

当社に依頼いただくメリット

  • 士業専門の強み
  • 実績多数
  • 自分で更新
  • 格安維持費
  • 初期SEO対策費込
  • マーケティング関連は広く対応

全国対応フリーダイヤル:0120-0955-156(平日・土日・祝日 9:00〜21:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。

面接時間:月曜〜日曜10:30〜21:00(事前に要予約)

予約フォーム

前
行政書士開業ツール
カテゴリートップ
行政書士開業ツール
次
行政書士の事務所案内(会社案内)