HOME  > コンテンツ  > 行政書士開業ツール  > 行政書士事務所の封筒

行政書士事務所の封筒


行政書士事務所開業時に封筒をどうする


封筒に掛る経費はたかが知れています。しかし封筒の与える印象は非常に大きなものがございます。
請求書は御事務所の封筒に入って届きます。ダイレクトメールをする場合は事務所の封筒を使う場合があります。目に付くことがことのほか多いのです。送られてくる封筒があまり上品でなくはんこを押したようなものだったらどうでしょう。毎回なので、イメージが次第に悪くなっていきますよね。そのうえ、中が透けて見えるような封筒の場合、個人情報保護に注意を払っていない行政書士事務所というように思われてしまいかねません。封筒は意外に大事なツールと言えます。

封筒を使うシーン


  • 見込み客・問い合わせ客へ資料の送付をする
  • 顧客への請求書等書類を送付する
  • ダイレクトメールをする(経費を掛けない場合などは自社封筒使用)
  • 対面で資料を渡す

封筒作成の方法


A文房具メーカーのWebサービスのテンプレートで作成(画面で自分で項目入力)
B印鑑屋さんのフランチャイズ店などのテンプレートで作成(店員が作成してくれます)
Cグラフィックデザイナーに頼む

封筒をデザインする場合にはロゴマークを使うことをお勧めいたします、お店によっては上記Bでもロゴマークデザインを対応してくれる場合がありますのでBかCがよろしいでしょう。上記のBかCで作成して、納品時にデジタルデータを渡してもらい、2回目からは文房具メーカーのWebサービスなどで頼む流れがよろしいかと思います。

封筒制作の段取り


ヒアリング
デザインワーク、封筒の選択(テープ付き等の仕様も選択)
確認と修正
デザインワーク終了
印刷

封筒制作時に留意する点


目に付きやすいものなので出来るだけロゴマークを入れる。
封筒の紙は色をコーポレートカラーに近いものにするか、白等または淡い色を選択して、印刷色をコーポレート
カラーにする。
封筒自体の紙を厚めのものにするか、裏面が黒くなっている個人情報保護対策のものを使用する。
費用に大きな違いがないので口にテープの付いているものを選択する。封をするときの手間などを考えますとお
勧めです。

士業事務所の封筒作成事例
  • 行政書士事務所の開業で重要なことは何か?(10つのポイント)
  • キャンペーン情報
  • 士業HPプラン品質向上
  • 驚きのコストパフォーマンス

行政書士 独立・開業相談室 無料相談

当社に依頼いただくメリット

  • 士業専門の強み
  • 実績多数
  • 自分で更新
  • 格安維持費
  • 初期SEO対策費込
  • マーケティング関連は広く対応

全国対応フリーダイヤル:0120-0955-156(平日・土日・祝日 9:00〜21:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。

面接時間:月曜〜日曜10:30〜21:00(事前に要予約)

予約フォーム

前
行政書士の名刺
カテゴリートップ
行政書士開業ツール
次
行政書士事務所のロゴマーク